裏摩周スノーシュー&養老牛温泉

受付終了しました。

白と青の世界に会いに行こう
裏摩周スノーシュー&養老牛温泉

裏摩周展望台を目指すスノーシューツアー、
目の前に広がるのは神秘の湖と呼ばれる摩周湖の絶景。
歩き終えたあとは、昼食に「和定食」を堪能し、温泉へ。
絶景と温泉の癒しでココロもカラダもあたたまる。



【開催日】
平成30年1月20日(土)

【時間】8:30~14:00頃

【集合場所】ようろうし温泉 ホテル養老牛

【料金】昼食代1,080円(税込)

【支払方法】当日事業者へ直接お支払いください。

【定員/対象者】10名

※申込み対象については商品化を目指したモニター実施のため、主に外国人の方(在住・訪日含む)を優先受付とさせていただきます。また、申込み状況により日本人の方も申込み可能ですので、詳しくはお問合せください。

【対象年齢】18歳以上

【申込み締切日】平成30年1月12日(金)

【申込みの際の注意事項】

実施当日は2時間半程度でスノーシュープログラムを終了する予定です。その後「ようろうし温泉 ホテル養老牛」にて昼食、温泉を予定しており、入浴後は各自解散といたします。

【持ち物・服装】

■持ち物
・リュックサック、バックパックなど
・休息時、寒いときに着るダウンジャケットなど
・サングラス(雪の上は特に紫外線が強いため)
・保温性のあるボトルと飲み物
・おやつ(甘いもの)
・バスタオル、フェイスタオル、その他各自入浴に必要なもの。また、入浴後用の着替えがあると便利です。
・その他、自分が必要と思うもの(カメラ、双眼鏡など)

■服装

服装は、こまめに体温調節ができるように重ね着が基本になります。スノーシューでの歩行時は汗をかくほど身体は温まります。逆に休憩時は、その汗で体が急速に冷やされ寒くなります。ツアー時は、なるべく汗をかかないように脱いだり着たりの体温調節が必要です。また、気温の体感には個人差があります。以下を参考に自分に合った服装を準備してください。

・アンダーウェア(シャツ・タイツ)…汗が乾きやすい化学繊維・又はウール製のもの
・フリースやセーターなど中間着、ナイロン製パンツ
・アウター(上下)は透湿性のあるレインウェア・又はスキーウェア
・防寒用の帽子、手袋、暖かい靴下

※汗が乾きにくい綿製品(Tシャツ、ジーパンなど)の衣類は×

・ハイカットの防寒ブーツ・防寒用長靴

【注意事項】

・飲酒をされている方、妊娠されている方は、事故防止の為、ツアーへの参加をお断りしております。
・ご参加は長時間の雪上歩行ができる健康な方を条件とさせていただきます。
・悪天候時について、当日の天候判断は私共で行わせていただきますが、多少の雪等であれば実施いたします。また、さまざまな交通事情、天候不順、天災地変等が予想されるため、中止となる場合には前日にお電話で連絡いたします。ただし、お客様ご自身の判断で、天候等を理由にキャンセルいただくことも可能です。その際は前日17:15までに必ずご連絡ください。また、当日集合してからの、悪天候については代替えコースにてプログラムを実施する予定ですが、危険を伴う状況の場合は、やむを得ず中止とする可能性もございます。ご了承ください。
・体験の開始から解散までは、安全のためガイドの指示に従っていただきます。(プログラム途中でのキャンセルはできません。)
・集合場所までの交通費、ツアー以外にかかる費用は各自ご負担いただきます。

参加申込みの際には、参加条件を必ずご確認の上お申込みください。

 

【集合場所マップ】中標津町字養老牛519番地